SNOW
~こころの隙間をうめるもの~
Mis Snow Man絶賛応援中♪
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ワールド・トレード・センター
2006-10-30-Mon  CATEGORY: 観た映画
観てきました。
ユナイテッド93に引き続き。
実は予告を見ただけで、かなり泣いてたので、
最初からタオル地のハンカチをしっかり持参。

【ストーリー】
2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行、人命救助のためビル内部へと向かう。しかしその時、再び轟音が鳴り響き、ビル全体が崩壊を始める。奇跡的に生き残った2人だが、瓦礫の下敷きとなり身動きすら取れなくなっていた……。(CINECITTA’HPより)

9.11を描いた作品ではあるけれど、
そこに描かれているのは
テロへの怒りでも
テロへの悲しみでもなく、
極限の状況の中で
人が生きていくためには何が必要なのか、という
問いかけだったように思いました。

怒りや悲しみを持ち、非道な行いをするのも人間なら
勇気や希望を持ち、支えあうのも人間。

人はひとりじゃ生きていけない。
支えあって生きてる。

ひとりひとりの力は小さいけれど、
自分のためだけでなく、誰かのために出来ることがきっとある。

この映画の中で語られているのは、
希望、生還、そして人は支えあって生きているということ。
家族の愛、家族への愛、同僚への愛。
誰かのために必死になれること。
それが見知らぬ誰かであったとしても。


瓦礫にはさまれ、ほとんど動くことすらできない状況の中
何度も訪れる、更なるビルの崩壊。
その度にもうだめだと思い、その度に支えてくれたのは家族への愛。
ともすれば薄れゆく意識の中で、お互いを支えあい、声を掛け合い
生還への希望をつなぐ二人。

夜になり、二次災害の危険をさけるため救助活動には中断命令が出る。
それでも救助活動を続ける退役海兵隊員。
救助を待つ見知らぬ誰かを助けるために。

捜索のかいあって発見される二人。
でも、そこからの救助活動はまた困難で。
二次災害の危険も大きく、救助隊の安全は保障されない。
それでも、助けを求める命のために瓦礫の下にもぐっていく男たち。
「(もし自分になにかあったら)家族に愛してると伝えてくれ」

見知らぬ相手であっても、そこに救助を待つ命がある限り
自分の命をかけてでも、救おうとする。
自分のできる限りの力を振り絞って。

人間って、やっぱりすごいなぁ。
世の中、暗いニュースも多いけど、
人間にはそんな素晴らしい力があるんだなって
小さな小さな力でも、
自分も誰かの支えになりたいなって

そんなことを考えさせてくれる映画でした。

個人的にはウィルの奥さんのアリソン役の
マギー・ギレンホールがすごく可愛らしくて
愛に溢れていて、とっても素敵でした
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント
コメントmi | URL | 2006-10-31-Tue 21:45 [EDIT]
映画観たんだね。
あたしはあの飛行機がぶつかる映像がどうしても観れず
誘われたけど行かなかった。

人は支えあって生きてる。
小さい力でも、受けた人にはとても大きな支えとなるんだよね。
人のために何か出来た時って心がとても温かくなる。
した方もされた方も。
人間っていいなって思える瞬間かな。

素敵な映画に出会えて良かったね。
コメントはるか | URL | 2006-11-01-Wed 01:52 [EDIT]
>miちゃん

とってもいい映画だったよ。
映画館だときびしいかもしれないけど、
DVDになったら、機会があれば是非見てみて。

どっちかというと、悲しみよりも希望に焦点をあてた
映画だと思うから。
もちろん、無理にすすめるつもりは無いけどね。

さて、次は何を観に行こうかな~?
コメントジャイコ | URL | 2006-11-01-Wed 14:11 [EDIT]
そっか~そんな映画だったんだ~って見たんだけど(爆)
私は瓦礫に挟まれてるとこがリアルで
しんどくなっちゃって感動を味わえなかったよ~
感動の作品って言われてるのに
ヘンなヤツでしょー(汗)
コメントはるか | URL | 2006-11-02-Thu 01:11 [EDIT]
>ジャイコちゃん

たしかに、しんどくなっちゃうのもよく分かるよぉ。
感動だけじゃなくて、悲しいシーンもいっぱいあったし。

でも、なにか希望を残してくれる内容だったと思うのよ。
まだまだ人間も捨てたもんじゃないよなぁって。
もちろん受け取り方は人それぞれだけどね(^^)

次はデスノート観に行こうかな?

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2005 SNOW. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。