SNOW
~こころの隙間をうめるもの~
Mis Snow Man絶賛応援中♪
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
自転車少年記 あの風の中へ
2007-01-14-Sun  CATEGORY: 読んだ本
ず~っと前に帯(ヤスマルの写真)に惹かれて買ったまま、
なかなか読めずにいたんだけど、やっと読了。

『新潮ケータイ文庫』で配信されたものを単行本化した『自転車少年記』の構想を元に新たに文庫で書き下ろされたモノ。
単行本版は章ごとにいろんな登場人物の視点から書かれている(らしい)んだけど、
こっちは昇平の視点で全ストーリーが進んでいく。

ドラマは見たけど、単行本版は読んでいない私にとって、
完全にドラマの続編、という感じかな。

単行本版でも30歳くらいまでのストーリーが描かれてるらしいんだけど、
ドラマはもうちょっと前までしか描いてなかったからね。
八王子から日本海までを草太が自転車で走破したあたりまで。
今回の文庫版は逆にそのあたりから、ストーリーが始まってるの。
(ドラマの制作にあわせて、文庫書き下ろししたのかな。)

とーぜん、ドラマを見てからこの文庫を読んだので、
昇平と草太は章大とマルちゃんに脳内変換(笑)

なもんで、
昇平が朝美に会いに仙台まで自転車で行くところとか
ちょっと嫉妬心(爆)メラメラで読んでたり、
子どもが生まれて、自転車を教えているシーンとかは
なんだかすごく微笑ましくてニコニコしちゃったり、
そして初めて自転車に乗れたシーンはちょっと感動的だったり、
(章大って、ほんとに子煩悩な、めっちゃ優しいお父さんになりそう)
なんだか萌えポイント満載

もちろん、小説としてもすごく爽やかな成長物語で、
どきどきしたり、がんばれーって応援したり、ちょっとウルっとしたり
ほんとに自転車に乗って風を受けてるような気持ちになれた気がする。

全編を通して、その風を切って、自分の力で前へ進む
自転車ならではの爽快感が溢れていて、なんだかひさしぶりに
自転車に乗って、ちょっぴり遠出してみようかな、なんて思ったり。
(つか、思うだけで実行には至らないのが悪いところなんだけど)
自転車少年記―あの風の中へ 自転車少年記―あの風の中へ
竹内 真 (2006/10)
新潮社

この商品の詳細を見る

ドラマも再度見直そうかな。
最初に見たときよりも、もっと内容をしっかり理解して
見られる気がする。

あ、単行本のほうも買っちゃおうかな(^^
草太目線の文章にも興味あるし。
ちょっと読むのが楽しみ
↓こっちは単行本版♪
自転車少年記 自転車少年記
竹内 真 (2004/05/25)
新潮社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント
コメントゆきんこ | URL | 2007-01-15-Mon 21:32 [EDIT]
あたしも本好きなんだけど読もうかな~・・
ドラマは見たけど原作と結構違うってどこかのブログで読んだ気が・・
かなり先まで書かれてるのね。
あの時のマル・・別人だったもんね。
よくヤス吹きださずに頑張ったと思うよ。爆
あはは、イメージがあの2人のまま読んでたんだ。笑
わかる、わかる。。。
はぁー買うだけ買って読んでない本がまだあるしなー
早く片付けなきゃ。汗
コメントはるか | URL | 2007-01-16-Tue 00:48 [EDIT]
>ゆきんこちゃん

ゆきんこちゃんも活字好き?
そんなところも似てたりして(^^)/

そうなのよ~。ドラマが先だったから、もうイメージそのまんま。
小説が先だとまた違うんだろうけどね。

私も買って読んでない本が最近溜まってる。
最近、ジャニに使う時間が多くなって、ちょっと本を読む時間が
押され気味(笑。でもやっぱ活字も大好きだから、
合間見つけて、もっともっといろいろ読みたいなぁ。

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2005 SNOW. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。