SNOW
~こころの隙間をうめるもの~
Mis Snow Man絶賛応援中♪
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
最後の打席。
2006-08-21-Mon  CATEGORY: 高校野球
駒大苫小牧-早実。
昨日の試合15回引き分けによる
37年ぶりの決勝再試合。
早実リードで進んだ9回表。
暑い熱い夏の終わり。

背番号1番を背負う者同士の対決。
ピッチャー。クールな豪腕。早実、斎藤佑樹。
バッター。世代最強右腕と呼び名も高い駒大苫小牧、田中将大。

2アウトランナーなし。
2ランで2点を返して1点差と詰めより盛り上がる駒大。
あと1人と追い詰めた早実。

この場面で彼に打順が回ってくる。
運命ってすごい。
奇跡を信じたくなる瞬間。

1球目ファウル。
2球目スライダー空振り。ツーナッシング。

3球目ファウル。
4球目ボール。
5球目ファウル。粘る田中。
誰もがこぶしを握り締め、手に汗にぎる。

6球目もファウル。まだだ。まだ戦える。
甲子園球場全部が息を詰めて見守る。

そして第7球。144km/hのストレート。
空振り三振。
マウンドに駆け寄るナイン。
初優勝の栄誉を勝ち取った瞬間。


そして三連覇の夢が終わった瞬間。





優勝が決まり、クールダウンしながら涙を見せる斎藤投手。
負けてしまったけれど、涙はこぼさない田中投手。
ともに全力を尽くした両選手の想いがそこにあった。

「彼の力。彼を守るみんなの力がすごかったんだ。」
とは監督の談。

そして斎藤投手。
「仲間を信じて、部員全員を信じてずっとマウンドを守ってきました。」


そうだよね。
彼の力はすごかったけど、でもそれだけじゃ勝てないから。
どんな球を投げても、しっかりと受け止めてくれるキャッチャーがいて、
打たれてもきっちり後ろで守る7人の仲間がいて、
ベンチで見守る仲間がいて、
スタンドで、テレビの向こうで応援するたくさんの人たちがいる。


みんなで掴んだ勝利。
全国4112校の頂点。

優勝おめでとう。

そして全力で戦った両校の選手すべてに

感動をありがとう。


更に。
既に夏を終えた全国すべての高校球児たち、
球児を見守り支えてくれる、まわりの方たちすべてに拍手と感謝を。

 
 
実は仕事中でテレビは見られてません。
職場にマイラジオを持参して、ずっと聞いてました。
斎藤投手の涙が映像で見たいです。
田中投手の最後の打席、見たいです。
今日の熱闘甲子園は忘れずに録画しよう。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2005 SNOW. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。