SNOW
~こころの隙間をうめるもの~
Mis Snow Man絶賛応援中♪
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
五右衛門ロック
2008-07-27-Sun  CATEGORY: ひとりごと
本日は新宿コマ劇場へ劇団☆新感線の五右衛門ロックを観に行ってきました(^^

お目当ては森山未來くん♪
今回の役は復讐に燃える王子サマo(≧∇≦)o

そのほかにも五右衛門役の古田新太さん、
真砂のお竜に松雪泰子さん、
五右衛門捕縛に燃える岩倉左門字に江口洋介さん、
川平さんや濱田マリさん、北大路欣也さんもご出演。

コメディータッチのストーリーの中にも
愛や憎しみや現代風刺も含まれて、
笑いあり涙あり感動ありの3時間半でした。
(途中に休憩20分あり)

以下はネタばれもちょっぴり含むので続きに。

 
 
まず、最初の未來くんの登場は
復讐を誓う王子を前面に出してシリアスに。
前髪が長めで額にはらりとかかるのが
とってもカッコイイです~o(≧∇≦)o

衣装も王子様って感じで、
なんていうの?薄手の甲冑?鎧?に
白いマント、腰にもスカートみたいにヒラヒラがついてて、
綺麗なダンスでくるくる回るとふわっとひろがって、
キラキラ王子ちっく

なのに、なぜかキメはみょーにテンション高い、
お馬鹿なポージング(笑
(でもとっても可愛い

船の上では華麗なタップも披露。
島に攻め込んでからの戦闘アクションシーンでは、
舞うように殺陣をこなす未來くん。
ほんとにねー。
殺陣っていうよりは舞いなんだよね。
そして、白いマントがヒラヒラキラキラ
もー私の目は釘付けです(^^;;

それから左門字のギター侍(笑)な歌にあわせて、
テンション高く踊るシーン。
怪我をしてて、それを直すための薬?のようなモノを
飲んでる(食べてる)って状況で、
そのせいか酔っ払ったような、ちょーハイテンションダンス♪
ヤバイ
可愛すぎる~~o(≧∇≦)o

ほかにも、
幅広の剣をさやにしまうときの、
剣に這わせる指先とか、
復讐の相手であり、父でもあるタタラ王クガイに向ける眼差しとか、
憎しみとせつなさを秘めた背中とか
もーきゅんきゅんしまくってました。

わりと席も前のほう(11列サブセンターブロック)だったので、
花道を通るときとか、舞台前面で歌ったり、セリフがあったりすると
結構近くて(とは言っても目の前ってわけじゃないけど)どきどきo(≧∇≦)o

最後の見せ場??の口上のところは、
他の面々に比べると、ちょっと声が上ずってしまってるというか
まだ若いのかなぁ、って思うところもありましたけど、
それも含め、未來くんはとっても素敵でかっこよくて可愛いかったです。
(んー。ちょっと贔屓目モード入ってるかな?(笑

あ、あと!!
カーテンコールで出てきたときに、BAND(ギターかな?)の方にぺたっとくっついて
腰に手をまわして、にこにこしてたの可愛かったなぁ。。

はあー。
今年の冬の「RENT」(未來くん主演)
あまりにもジャニ事が多く、諭吉がもたないので諦めたんだけど、
めちゃくちゃ見たくなっちゃった。。
どうしよ。。(汗

未來くん以外では、
松雪さんの綺麗な足と(笑)
タタラ国専属シンガー、ロックの歌声がめっちゃ良かったです。
(ヘヴィメタ出身の方らしいです(^^
古田さんの独特な空気感とか、川平さんのみょーな間合いとか
他の役者の方もすごく目をひきつけられる人ばかりで、
劇団☆新感線の舞台は初めてだったのだけど、
次も見たいなぁ、と思いました♪

ただねー。
舞台はチケ代が高いのが難点(大汗
ほんと諭吉が持たない(大笑
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2005 SNOW. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。